仕事人
2017.10.13

お酒を飲み過ぎてしまっても遅くない!二日酔いを防ぐテクニック

【水分をしっかりと摂る】

お酒を飲む席で楽しくなってしまい、ついつい飲み過ぎてしまう場合もあります。

段々に酔いが回ってきてこ、のままでは二日酔いしてしまいそうだと感じてしまった時には、
迷わず水分を摂取するように心がけましょう。

ずっとアルコールばかりを摂取しているとトイレばかりが近くなり、血液にとって大切な水分が出てしまいます。

この状態が続いてしまうと、次の日の朝に起きてから頭痛がしたり吐き気がしてしまい二日酔いになります。

水分も何を摂っても良いという訳ではなく、ぬるめのお湯を飲むのがオススメです。

あまり冷たい氷も入ったような水だと体に負担をかけてしまいますし、
コーヒーや緑茶のようなカフェインの入った飲み物も帰宅してから眠れなくなる場合もあり、オススメできません。

飲み屋に行くとホットのウーロン茶や頼めば白湯を出してもらえますので、
飲んでいるお酒と同量くらいの水分を補給するようにしましょう。

身体への吸収率が良いスポーツドリンクも良く、できればこちらも常温でゆっくりと飲むと良いです。

一気にお酒と同量の水分を摂取するのではなく、少しずつ飲み
お酒とお酒の合間にソフトドリンクから体の負担にならないものを注文しましょう。

【肝臓の負担を減らそう】

一気にお酒が入ってくることで、体の中でも特に肝臓への負担が大きくなります。

逆に元気な肝臓がどれだけ頑張ってくれるかで、次の日の悪酔いも防げるのです。

特にタウリンを含む栄養ドリンクを選び飲むようにすると、肝臓の働きを助けてくれる為オススメです。

夜中でもお店で気軽に購入できますので、飲み過ぎてしまったと感じた時には飲むようにしましょう。

ただ中にはカフェインがしっかりと入っているドリンクもあり、逆に眠れず体の負担になってしまい場合もあります。

ノンカフェインと書かれた栄養ドリンクも販売されていますので、選んで購入してみましょう。

他にもテクニックは多数存在する
まず睡眠不足になってしまうと、二日酔いになりやすくなってしまいます。

夜遅くまで飲んでしまいがちですが、自宅に帰宅したらスマホをしたり湯船に浸からず軽くシャワーを済ませて寝るようにしましょう。

女性の方でメイクを落とさないのはよくありませんが、できればシートタイプで拭き取るだけにして簡単にし、
少しでも早く寝ることが肝心です。

睡眠不足なだけでも頭が痛くなってしまったり、会社でも仕事の効率が上がらない可能性があります。

次にお酒を飲んだ後に何か食べたくなってしまったら、
ご飯やラーメンよりもアルコールを分解を促してくれる柿やりんごを食べましょう。

特に柿にはアルコールは早く分解してくれるカタラーゼという酵素が入っていますので、
ご飯ものを食べるよりも効率良くお腹も満たせます。

他にもシジミやアサリの入っているお味噌汁もオススメで、肝臓の働きを助けてくれます。

飲み屋のメニューの中にはシジミやアサリを使ったものがないか探し、積極的に食べるようにしましょう。

肝臓の中にある毒素をデトックスしてくれる効果も期待でき、お味噌汁として食べると体の中も温まります。

サプリメントも販売されていますので、購入しておき二日酔いになりそうだと思った日には飲むようにしても良いでしょう。

アサリやシジミの味が苦手だという方も、全く味を感じず摂取できます。

【飲み過ぎてしまっても諦めなくて良い】

できれば飲む前にお酒の負担がかからないようささみのお肉などタンパク質を摂取するようにしたり、
お酒を飲む人向けのドリンクを飲んで対策をしておくと良いです。

飲むつもりはなかったのに飲んでしまった時でも、紹介しているテクニックを利用するだけで次の日の具合も変わってきます。

是非参考にしながら対策をしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

  • 2017.11.07

    先輩必見の嫌いな後輩への対処と接し方

    【どうもこの後輩が嫌いという場合の対処方法】先輩後輩の人間関係ではどうしても好き嫌いが出て来ます。先輩から見て嫌いな後輩が出て来る場合ももちろんあります。上下関係でいえば下になるので、先輩が取り合...

  • 2017.10.13

    男性のパンツはシチュエーションに応じて選ぼう

    【男性のパンツについて】男性の穿く下着特にパンツについては人によって好みが分かれると思います。また、下着にどのような種類があるかを正確に把握している人は少ないようです。ここではパンツの種類を紹介し...

  • 2017.10.13

    あごまわりをすっきりさせて男前になろう

    【生活習慣の改善が早道】鏡を見るたびに自分って二重あごだななどと思っていませんか。年齢とともに体型がぽっちゃりとして来るのと同時にあごまわりがたるんで来たり、二重あごになって来たりと気になることが...

同じカテゴリの記事