遊び人
2017.11.30

仕事が忙しい男性必見!日中お世話が出来なくても飼えるペットをご紹介

【ペットを飼いたいけど世話する時間がない】

社会人になって仕事に追われる毎日に少しでも癒やしが欲しくてペットが欲しい、
そんな男性は意外と少なくありません。

けれど、家に家族がいればまだ安心ですが一人暮らしをしていると日中家に誰もいなくなってしまうので
ペットを飼うことを躊躇してしまうこともあるでしょう。


ですがペットに出来る動物は全て朝から晩までずっといなければならないというわけではなく、
中には独立心の強い動物もいますので意外と手がかからず留守番も大人しくしていてくれるということもあります。

忙しい男性が飼うのに適したペットとはどんな動物でしょうか。

ハムスターやフェレットといった小動物
小動物は基本的に家の中で放し飼いにせず、
専用のケージに入れて飼うためスペースを必要としません。

朝に夜まで持つだけの餌と水を入れておけば、自分でしっかりと食べてくれますし
飼い主がいなくても自由に行動をしているので室温などに注意をしておけば手間はかかりません。

フェレットは1日に20時間も眠るので活動時間も短く積極的にお世話をする必要もありません。

同様にウサギも寂しいと死んでしまうとよく言われますが、
実際は一人にしていても死ぬことは無くストレスのかからない状況さえ作ってあげられれば、
日中相手にしなくても平気なのです。

小動物はストレスに弱いというところがあり、
ストレスが原因で病気にかかってしまうこともあります。

病気になってしまっても小動物の診療は特殊で動物病院が診てくれないということもあるので、
飼う前に何処の病院に連れて行けば良いのかということをしっかり確認しておくことも必要です。

犬や猫が飼いたいけど飼っても平気?
ペットの王道である犬や猫、
小動物よりもやはりこちらを飼いたいというニーズはあるでしょう。

けれど、犬は騒がしく吠えたり走り回ったり、とにかくじっとしていないイメージがあります。

猫も自由に動き回って何をしているか分からないので、
帰って来たら家の中がめちゃくちゃになっているのではないかという懸念もあるでしょう。

ですが、猫はフェレットほど睡眠時間を必要としないものの
寝る時間は長いので大人しくしていることの方が多いです。

元々猫は群れる習性がないので単独行動を好みます。

日中誰もいないという環境は猫にとっても好ましく、
自由に過ごせるのでストレスが無いのです。

犬も飼い主に構って欲しくて仕方が無いというタイプの犬種を選ぶのではなく、
チワワや柴犬といった独立心の強い犬種を選ぶと日中でも大人しく留守番をしていてくれます。

一匹だけでも大丈夫なので、それが大きなストレスとならずちゃんと飼い主が帰って来るまで待っていられるのです。

とはいえ日中誰もいない環境で一人にするのですから、
ペットに危険がないように家具やインテリアの配置には気を遣うようにしましょう。

【爬虫類や魚を飼うという選択も】

哺乳類や鳥類と違って爬虫類は鳴き声をあまり上げないので、
騒音が気になるという人にも買いやすいです。

金魚や熱帯魚は完全に鳴き声を上げませんから、
餌やりをきちんとして空気を入れてあげることを忘れなければ日中放置をしていても問題ありません。

環境をきちんと整えてあげるという配慮が必要になりますので、
日中放置しても快適に過ごせるように気を遣ってあげましょう。

【ペットはおもちゃではなく命だということを忘れないで】

忘れないで欲しいのはペットは寂しさを紛らわせたり楽しむためのおもちゃではないということです。

生きている動物を手元に置くということは、
その動物の命はあなたに委ねられているということで飼い主に一定の責任があります。

飼い主の身勝手に命の危機に晒したり放り投げたりすることは許されてはなりません。

ペットも人間と同じ命であることを肝に銘じた上でペットを飼うようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事