仕事人
2017.11.27

周りにもいるはず!紳士的な男性ってどんな男性?

【車に乗るときに見え隠れする紳士的な行動】

女性に人気のある男性は、いろいろなシーンにおいて自然と紳士的な態度を取っています。

そうした態度がよく現れるのが、男性の車に乗ったときです。

まず助手席に乗るときにサッとドアを開けてくれると、
女性はそれだけでドキドキしてしまうものでしょう。

エスコート上手であることは、紳士である特徴です。

また運転中に車内の温度について、「寒くない?」などと気遣って声をかけてくれたり、
長距離の際にはこまめにトイレ休憩を入れてくれたりする気遣いも気品が感じられます。

勿論紳士であれば、運転も安全運転で、むやみやたらにクラクションを鳴らしません。

煙草を吸う人も、彼女に気を遣って外で吸ってくれるでしょう。

こういう男性とであれば、安心して快適にドライブができるはずです。

【道を歩くときのちょっとした気配り】

男性と並んで道路を歩くときに、自然と車道側を歩いてくれる男性は、
女性を守ろうとする気持ちが強い優しい人です。

車に巻き込まれないようにと、気遣ってくれているのです。

また歩くペースにおいても、女性の歩幅やペースに合わせて歩いてくれると女性は疲れません。

長い距離を歩く場合に、「大丈夫?休もうか?」などと気にしてくれるのも彼の優しさです。

ただ歩くだけの行為でも、紳士的な男性はこうした気配りを忘れないのです。

【重い荷物をさり気なく持ってくれる優しさ】

かばんや荷物が重いときに、さり気なく「持つよ」と言ってくれる男性に胸がキュンとなる女性は多いのではないでしょうか。

スーパーなどに一緒に買い物に行っても、率先して買い物袋を持ってくれると助かるものです。

女性を支えたいという男らしい気持ちが、こうした態度になって現れるのです。

紳士である男性は優しいだけでなく、同時に男らしくもあると言えるでしょう。

【エレベーターで垣間見えた気遣い】

ショッピングモールやオフィスビル、自宅のマンションなどのエレベーターでも、
「この人は紳士だな」と感じるシーンがあります。

走ってエレベーターに乗ろうとしたときに、エレベーターのドアが閉まらないように抑えてくれると感激するものです。

たとえ急いでいたとしても待ってくれる姿からは、男の余裕のようなものを感じることでしょう。

紳士というものは、どんなときでも気持ちに余裕があることも大切なのです。

【紳士かどうかはメールやラインにも現れる】

男性の紳士的な態度は、携帯のメールやラインのやり取りでも感じられるものです。

例えばデートをした後に「無事に帰った?」と心配して気にかけてくれるメッセージが届くと、
相手への気遣いができる人だと感じるでしょう。

駅まで見送ってくれたり、車の場合は家まで送ってくれたりすると、
女性のことを大切に想ってくれている気持ちが伝わってきて嬉しいものです。

こういう男性とはメールのやり取りも穏やかに楽しく行えるでしょう。

【自分だけでなくみんなへの思いやり】

男性の中には、彼女にだけ優しくて他の人には横柄な態度で接する人もいます。

自分にだけ優しいからといって喜んでいるようでは、男性を見る目がないと言えます。

本当に紳士で優しい男性は、周囲の人への思いやりを忘れないはずです。

電車の中で立っているお年寄りに席を譲ったり、道に迷って困っている人に丁寧に道案内をしてあげたりと、
そういった対応が自然と行える男性こそが本当に紳士的な人間ではないでしょうか。

飲食店や服屋などでも店員に対して偉そうに話しかけるのではなく、
きちんと丁寧な言葉で謙虚に話せる人は穏やかで紳士的でしょう。

紳士と呼ばれる人は、自分が関わるすべての人を思いやることができてみんなに愛されているはずです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

  • モテる男は筋トレが大事

    こんにちは。VIDAN株式会社の広報をやってます、星野大介と申します。名刺には「戦う広報」と名乗ってます。現役の格闘家もしており、トレーナーなんかの経歴もありますのでこれから記事を上げていきます。よろし...

  • 2017.10.13

    アンチエイジングを始めるのは20代からでも早すぎない!

    【気になるアンチエイジングの始め時】アンチエイジングといえば、40代、50代が中心で、美容に気を使っている方でもやり始めるのは30代後半くらいから、というのが一般的な感覚ではないでしょうか。しかし、実は...

  • 2017.11.07

    苦手な取引先と上手に付き合うコツ

    【苦手な取引先ができたら】取引先とはいえ、人間の相性というものがあります。苦手だなと思ったり、会いたくない、話したくないほど嫌で嫌いといった取引先の担当者も中にはあることでしょう。ビジネスだからと...

同じカテゴリの記事