仕事人
2017.11.10

社会人のヒゲはありなのか、どんなスタイルならいいのか

【社会人のヒゲはNGなのか】

社会人はヒゲを生やしてはいけないのでしょうか。

特にヒゲに憧れがある方や、学生時代に生やしていたといった方は社会人になったらNGなのかと悩まれることでしょう。

そもそも、昔の偉人や、これまでの人生でも偉い人や学校の先生の中にはヒゲを生やしている方もいて、
テレビ番組やニュースの報道でみる有名な会社の社長さんなんかも生やしているし、

社会人だって問題ないのではと思われる方もいるでしょう。

もっとも、一般的にヒゲは男性の威厳の象徴などと言われています。

つまり、ヒゲがあることで相手に対して威圧的な印象を与えたり、
相手からなれなれしくされないといった状態を創り出す作用もあります。

既に多くの人に慕われ、偉業を認められているような偉い方や目上の方、
仕事ができる人などがつければ様になりますが、そうでない方がヒゲをつけると、
単なる軽い人という印象や威圧的で強面の人、仕事ができない見た目だけの人といった印象を与えることもあるので注意が必要です。

こういったヒゲの性質や伝統を考えると、新入社員などでヒゲを生やすのは控えておいたほうがいいかもしれません。

一人前の仕事ができるようになり、男としても油が乗ってくる頃がヒゲを生やしたい方の生やすタイミングといえるでしょう。

【業種や職種、立場によってはOK】

年齢や仕事の経験を問わず、業種や職種、立場によってはヒゲを生やしても、
あまり問題ないケースもあります。

若くして独立起業して社長になったり、フリーランスとして一人で仕事をしているような方の場合、
相手に馬鹿にされたくない、年齢を少し上に見せたい、
仕事ができるように印象づけたいといった理由でヒゲを蓄えるという方は少なくありません。

ヒゲ
ヒゲは年齢を高めに見せたり、できる男の雰囲気を演出してくれることもあるので、
若くして社長になった方や、フリーランスとして一人でビジネスチャンスを獲得し、
相手の信用を勝ち得て仕事をしていく必要がある方にとっては、
ビジネスマンとしての自分の印象を高める1つの安心アイテムとなります。

また、デザイナーや美容師などファッションリーダーとなる立場の人や個性を重んじる職にある方は、
1つのファッションや個性としてヒゲを生やすという表現法が認められやすく、受け入れられやすい領域です。

【無精ひげはNG】

ヒゲを蓄えることへの業種や職種での差や、社会人としてOKかの賛否両論はあるとして、
無精ひげはどの領域でも基本的にNGです。

仕事が忙しくて毎日のように徹夜で剃る暇もないと仕事をしている男を演出する役にも立ちません。

身だしなみは社会人の基本であり、一般的なビジネスマンであれば、寝坊してもスーツを着用し、
パジャマのままやってくることがなく、髪もとかさずボサボサのままはやってこないのと同じで、
無精ひげも基本的に剃ってくるべきものです。

忙しいは理由になりませんし、中途半端に生えたひげは清潔感がなく見えるので気を付けましょう。

【社会人の無難なヒゲのスタイル】

ある程度、仕事も一人前になって威厳をつけたい、
少し頼もしく思われたい、仕事ができそうに見せたいとヒゲを蓄えたくなった場合、
オフィスでも受け入れられやすいヒゲのスタイルがあります。

口ひげと顎ヒゲを存分に蓄える立派な状態は行き過ぎで、
面積も量も多すぎないのが最初のヒゲのチャレンジに向いています。

上唇の幅と同じ幅に整えるオリジナル・スタッシュおと呼ばれるスタイルは、
若い俳優さんや歌手、ダンサーなどにもよく見られるスタイルです。

もう少し量が多いのが上唇全体を覆う口髭のスタイルであるシェブロン、
また、口髭は蓄えずに下顎に円を描くように整えるチンストラップスタイルも比較的無難なスタイルです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事