仕事人
2017.11.30

童顔コンプレックスのあなたにおくる意識の変え方

【童顔コンプレックスに悩んでいる方のために】
童顔とは、年齢より若い印象を受ける顔、子供っぽい顔立ちのことを指します。
若く見られること自体は悪くないことだと思います。
しかし、幼く見えると、男らしさや大人っぽさが足りないからか、何かと相手になめられやすかったり、威厳がないと思われてしまいがちです。

年相応の貫録を身につけたい、舐められたくないといった、童顔ならではのお悩みを抱えている方のために、具体的な対策や意識の持ち方を説明します

【まずはひげを生やしてみよう】
良く聞く話かもしれませんが、ひげを生やすことは印象をガラリと変えます。
かつてのアメリカ大統領のリンカーンのひげにまつわる話は、あまりにも有名で、ひげが人に与える印象が良く分かります。

しかし当然、ひげには似合う似合わないの問題が出てきます。
童顔でお悩みの方はひげを生やせば万事解決というわけにはいきませんが、ひげを生やすことによって人に与える印象は間違いなく変わります。
まずは童顔対策として、ひげを生やしてみるのはいかがでしょうか。

【持ち物や服装を変えてみよう】
営業職などでひげを生やすことができない、または体質的にひげが生えてこないという人もいると思います。
また、ひげを試してはみたけど、全く似合わなかったという方はどうしたらいいでしょうか。

ひげがだめならば、髪型や服装、さらに持ち物で大人びた雰囲気を出してみましょう。
身に着けるものを大人びたものに変えることも有力な方法です。

子供っぽいことを連想させる持ち物や服装、ヘアスタイルは避けるようにしましょう。

【筋トレや日焼け、健康的な体づくりをしてみよう】
筋トレで体を大きくすることも有効的です。
そもそも童顔の問題点は男らしく見えないという点にあります。

体が大きくなれば、男らしくたくましく見えます。
日焼けをして黒くなることも、男らしさにつながりますので、試してみてはいかがでしょうか。

【話し方や立ち居振る舞いを変えてみよう】
所作動作を意識して大人っぽいものにすることも有力な対策です。
話し方や話す内容、立ち居振る舞いを大人びたものに変えてみましょう。

年齢相応の話術を身につけ、話す内容が伴えば童顔コンプレックスは次第に薄れていきます。
例えば同じような童顔の有名人の振る舞いを研究することは大切です。
テレビやユーチューブなどで映像を確認し、自分も真似してみるのをお勧めします。

【考え方と意識を変えよう】
ここまで童顔が、男らしさや大人っぽさを感じられない要因として、一般的な解消方法を書いてきました。
しかし、実は童顔であることを気にしているのは、自分だけということもあります。
現実問題として、他人は人の顔についてそれほど関心を払っていません。
好きでもない人の顔がいったいどんなものだったかあなたは思い出せますか。
他人は人の顔のことなどどうでもいいのです。
自分の生まれつきの顔をどうこうしようと思っても仕方がないのが実際のところです。

変えるのならば顔よりも話の内容や人間の中味について変えて行くという意識の持ち方の方がよほど建設的です。

顔をどうこうするよりも前に人格を磨くこと、能力を高めること、自分自身の充実に努めることをお勧めします。

また、あえて童顔を売りにしていくのもいいかもしれません。ひげの処理などをしっかりして、その上でエステのフェイシャルに通うなどして綺麗な肌やつやのある肌での顔づくりを目指してください。

顔以外に自信が持てることができれば払拭される種類のものです。
自分自身のレベルアップに努めて、今の顔に自信が持てるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

同じカテゴリの記事