遊び人
2017.11.28

身長コンプレックスは損?

【考え方を改めよう】

身長の低さが気になる
男性の平均身長はおおよそ170cmであり、
170cm以上であれば標準的な背の高さと言うことが出来ます。

しかし、この値を下回ると身長が低いということになり、コンプレックスを抱きやすくなってしまいます。

女性も男性に求める用件が高身長の人であり、
具体的に数値を上げられてしまうとそれを満たせない男性はよりコンプレックスを深めてしまいがちです。

身長が低いとカッコイイという評価よりも可愛いという評価に繋がりやすく、
本当はカッコイイと言われたいのに可愛いと言われて釈然としないといったことはあるでしょう。

服装も高身長だとキマるのに身長が低いと格好良く見えないどころか服に着られているようになってしまう、
などなどコンプレックスの種は多く存在しています。

身長のせいで思うようにならない、これは努力次第でどうにかなるものではないので諦めるしかないのですが、
問題そのものが改善出来なくても考え方一つでコンプレックスを打ち消すことは出来るのです。

コンプレックスを一旦脇に置いて周りを見てみよう
例えば身長が高くてスタイルの良い男はモテて彼女がいる、
身長が低いから自分はモテないと考えていないでしょうか。

平均身長以下の人全てに彼女がいないわけではなく、
逆に平均身長を超える人達の全てに彼女がいるわけでもありません。

もう少し言えば結婚している男性の全てが平均身長を超えているわけでもありませんし、
身長が低い人もきちんと相手を見つけて結婚しているのです。

身長が低いことを理由にしてしまうとそこが逃げ道となり、
コンプレックスを理由に努力をすることを怠るようになってしまいます。

自分が今良くない状況に置かれているのは全てコンプレックスのせい、
と考えてしまえば現実を直視しなくて良いので楽でもあります。

ですが、身長が低いことを理由に何もしないことを女性はちゃんと見ていますし、
コンプレックスを抱えていてもそれに甘えている男性には見向きしないのです。

何か嫌なことがあると身長のせいにはしていませんか、
コンプレックスを一旦脇に置いて周りを見てみましょう。

【身長が低いことだけにフォーカスせず自分を磨いてみよう】

服の着こなしも今ひとつ格好良く見えないのが悩みであるのなら、
逆にどのような服装をすれば格好良く見えるのかを研究してみるのも一つの手です。

ファッションは体型や身長などによって合う合わないが出て来ますので、
高身長の人なら着こなせるファッションを無理にすると合わないのは当然です。

逆に言えば高身長の人が身長が低い人のファッションをしても着こなせずに違和感しか無いのと同じであり、
自分だけのファッションを見つけることも重要です。

また、外見に自信がないのなら内面を磨いて人を惹き付けるのも良い方法です。

親しみやすい人になってみたり、人の話を聞くのが上手い人になったりなど好感度を上げる方法はいくらでもあります。

逆に見た目が可愛らしく見えてしまうのであれば、
それを逆手に取ってあえてギャップを作ることもアリです。

見栄を張って必要以上に自分を誇示しようとすればおかしくなってしまいますが、
人が見る自分のイメージを多少逸脱して行うカッコイイ振る舞いは印象に残りやすくなります。

終始格好良くある必要は無いので、ところどころで女心をくすぐるような男を目指してみましょう。

【コンプレックスに逃げずに明るく前向きでいこう】

一つのことに劣等感を抱くとどうしてもいろいろと思うところが出て来てネガティブな思考に陥りがちです。

けれど、本人が思うほど周りはそのことを気にしないものですし、
本人の認識と周囲の認識がズレるのは普通のことです。

自分は身長が低いから、と塞ぎがちになるよりも、俺身長が低いんだよね、
と笑い話に出来るくらいの方がずっと印象は良いです。

見た目を気にする男よりも、ポジティブに堂々と胸を張って明るく振る舞える男になった方が
好きになってくれる女性も現れるものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

同じタグのついた記事

  • 2017.11.28

    素敵な男性に見られるための声の出し方

    【声はモテる要素の一つ】女性は男性の声に対する意識が強く、声でモテる男性もいるくらいです。声は見た目と同じくらいもしくはそれ以上に重要なものと考えられているので、逆に言えばイケメンでも声が残念とい...

  • 2017.11.15

    大人の品格とは

    試される大人たち【大人とは】子どもにとって大人とは、お手本や見本となる人たちなのは間違いないといえます。その相手はもっとも身近なところでは親であり、祖父母でしょう。さらには学校の先生や、近所のおじ...

  • 2017.11.30

    ストレスに負けないためには食生活も大切!

    【心の安定のために是非食べたい食品】ストレス対策はまず食生活から毎日の生活の中で、人は誰しも多かれ少なかれいろいろなストレスを感じるものです。上手にリフレッシュできれば良いですが、ストレスが溜まっ...

同じカテゴリの記事